エステのクーリングオフの書面での手続き

クーリングオフという制度は、一度は契約をしてしまったけれど、冷静に考えた結果必要でないと思った時に、一定期間内であれば、消費者が無条件で契約を解除することができる制度です。そして、このクーリングオフ制度は、エステの場合にも利用することができる制度です。しかし、この制度を利用するためには2つの条件があります。

まず1つ目の条件は、エステの契約金額が5万円を超えており、かつ契約期間が1ヶ月を超えるものという条件があります。そして2つ目の条件は、法定の契約書面が交付されてから8日以内のものであるという条件があります。

エステの場合は、クーリングオフをすることができる8日間を過ぎてしまっても、中途解約を行うことができますが、この場合は解約料等が発生してしまいますので注意が必要です。また、電話や口頭での契約の解除はできませんので、必ず書面で解約の手続きを行う必要があります。具体的なクーリングオフの手続きは、まずエステサロンに契約解除の通知を郵送します。

次に、信販会社と契約した場合は、信販会社にも同様の内容の通知を郵送します。これらの通知は、必ず書面で行い、配達記録や簡易書留で郵送することも大切です。

このように書面での手続きが成立した場合は、契約が白紙になりますので、支払った代金は全額返金されます。また、化粧品や健康食品などの商品を受け取いる場合も未使用であれば相手側の負担で商品を引き取ってもらうことができます。さらに、損害賠償や違約金を支払う必要もありません。